HOME > 病気のことあれこれ > その他 > 尿管結石

病気のことあれこれ

< 慢性便秘症  |  一覧へ戻る  |  痔は全て手術が必要? >

尿管結石

腎臓でつくられた尿を膀胱まで運ぶ管を尿管といいます。この尿管の中で尿の中の成分が砂や石の
ように固形化された状態が尿管結石石です。尿管結石が尿管につまると(通常は三カ所つまりやす
い部分があります)、つまった側の側腹部に耐えがたい痛みが腎臓、尿管、膀胱.gif急におこります。つまった側の腰背部がはったような感じもおこり、吐き気、嘔吐を伴うこともあります。また、血尿も見られることが多いです。
その典型的な症状、尿所見、腹部エコー検査で診断は容易です。
腹痛を抑える座薬の処方、尿管を拡張させる内服薬の処方、結石の排泄を促進する内服薬の処方がなされることで、症状はよくなります。また、ほとんどの尿管結石は自然に排泄されます。
尿管結石は尿が濃縮されることで形成されますので、脱水状態が続くと発症しやすいと考えられております。夏場は要注意です。

< 慢性便秘症  |  一覧へ戻る  |  痔は全て手術が必要? >

カテゴリ:

お気軽にご予約・お問い合わせください
初診の方、ご相談、お問い合わせの方 04-7160-2100
診察券をお持ちの方へ 順番待ちサービス
住所 〒277-0832
千葉県柏市北柏3-2-6
ロイヤルビル北柏2F [地図]
駐車場 有り【20台】
来院に
必要なもの
初診の方・月初めの受診の方は、保険証を忘れずにお持ちください。また、再診の方は診察券を忘れずにお持ちください。
休診日 木曜・祝日および
火曜、土曜、日曜午後
診療時間
8:30~12:00
15:00~18:30

※日曜日終日および8:30~9:00は内視鏡検査の方が優先となります。
※受付は診療終了の15分前までにお願い致します。

このページのトップへ