HOME > 病気のことあれこれ > 胃腸内科 > 急性胃腸炎

病気のことあれこれ

< 血便  |  一覧へ戻る  |  萎縮性胃炎 >

急性胃腸炎

嘔吐、下痢、発熱、倦怠感等の症状が急におこる病気です。ほとんどはウイルスや細菌の感染によるものです。食餌が原因であれば、食中毒ということになります。
急性胃腸炎で危険なのが下痢、嘔吐のために脱水症を引き起こすことです。小さなお子さんや、体力の低下している人、高齢の人は脱水症で重傷化しやすいので注意が必要です。
栄養をつけようとして無理に食餌をとったり、いちどきに水分をとって胃腸に刺激を与えると、嘔吐、下痢を引き起こし、ますます脱水の状態を悪化させます。先ずは、絶食として、水分と塩分(OS1等)を少量ずつ補給しましょう。少量の水分でも嘔吐してしまうようならば、点滴が必要です。

< 血便  |  一覧へ戻る  |  萎縮性胃炎 >

カテゴリ:

お気軽にご予約・お問い合わせください
初診の方、ご相談、お問い合わせの方 04-7160-2100
診察券をお持ちの方へ 順番待ちサービス
住所 〒277-0832
千葉県柏市北柏3-2-6
ロイヤルビル北柏2F [地図]
駐車場 有り【20台】
来院に
必要なもの
初診の方・月初めの受診の方は、保険証を忘れずにお持ちください。また、再診の方は診察券を忘れずにお持ちください。
休診日 木曜・祝日および
火曜、土曜、日曜午後
診療時間
8:30~12:00
15:00~18:30

※日曜日終日および8:30~9:00は内視鏡検査の方が優先となります。
※受付は診療終了の15分前までにお願い致します。

このページのトップへ