HOME > 病気のことあれこれ > 胃腸内科 > 胃ポリープ

病気のことあれこれ

< 慢性腎臓病(CKD)  |  一覧へ戻る  |  過敏性腸症候群 >

胃ポリープ

胃ポリープ.jpgのサムネイル画像
胃の内腔に粘膜の一部が隆起したものを胃ポリープといいます。
胃ポリープは過形成性ポリープ、胃底腺ポリープ、特殊型(炎症性など)に分けられます。
ほとんどは胃底腺ポリープ、過形成性ポリープで特殊型は見られることはほとんどありません。
胃底腺ポリープは癌化することはなく、経過観察で良いといわれております。
過形成性ポリープは大きくなると癌化することがあります。また、過形成性ポリープができる胃は癌が発生する可能性のある状態でもあります。内視鏡でのフォローが必要です。
胃癌検診でポリープは見られるが、精密検査不要といわれることがあります。胃底腺ポリープだと判断しているためです。しかし、厳密に言うと、100パーセント胃底腺ポリープだと言い切ることはできないと思います。内視鏡で見る必要があります。
写真は胃底腺ポリープです。

< 慢性腎臓病(CKD)  |  一覧へ戻る  |  過敏性腸症候群 >

カテゴリ:

お気軽にご予約・お問い合わせください
初診の方、ご相談、お問い合わせの方 04-7160-2100
診察券をお持ちの方へ 順番待ちサービス
住所 〒277-0832
千葉県柏市北柏3-2-6
ロイヤルビル北柏2F [地図]
駐車場 有り【20台】
来院に
必要なもの
初診の方・月初めの受診の方は、保険証を忘れずにお持ちください。また、再診の方は診察券を忘れずにお持ちください。
休診日 木曜・祝日および
火曜、土曜、日曜午後
診療時間
8:30~12:00
15:00~18:30

※日曜日終日および8:30~9:00は内視鏡検査の方が優先となります。
※受付は診療終了の15分前までにお願い致します。

このページのトップへ