HOME > 病気のことあれこれ > 胃腸内科 > 慢性便秘症

病気のことあれこれ

< ペットボトル症候群  |  一覧へ戻る  |  尿管結石 >

慢性便秘症

排便回数や排便量が減少したり、残便感や腹部膨満感、腹部不快感、排便時の強いいきみなどの症状を呈した状態を一般的に便秘といいます。こういった症状が長期間続いている状態が慢性便秘症です。
便秘は器質性便秘、機能性便秘、症候性便秘、過敏性腸症候群の便秘型、薬剤性便秘に分けられます。器質性便秘とは腸管や肛門の病変(例えばがん)のために起こる便秘です。症候性便秘は他の疾患(例えば糖尿病、甲状腺機能低下症など)の一症状として起こる便秘、薬剤性便秘は咳止め薬などによって起きる便秘です。過敏性腸症候群で起きる便秘も特徴があるため、別に分類されています。
一番多いのが機能性便秘で、一般に、便秘というとこのタイプです。機能性便秘は胃結腸反射の低下や排便排出機能の障害などが原因で発症する便秘で、大腸通過遅延型と排便機能障害型に分類されます。
便秘薬にもいろいろ種類があり、そのタイプに応じて使い分けがなされます。
便秘で悩んでいる方、一度ご相談下さい。

< ペットボトル症候群  |  一覧へ戻る  |  尿管結石 >

カテゴリ:

お気軽にご予約・お問い合わせください
初診の方、ご相談、お問い合わせの方 04-7160-2100
診察券をお持ちの方へ 順番待ちサービス
住所 〒277-0832
千葉県柏市北柏3-2-6
ロイヤルビル北柏2F [地図]
駐車場 有り【20台】
来院に
必要なもの
初診の方・月初めの受診の方は、保険証を忘れずにお持ちください。また、再診の方は診察券を忘れずにお持ちください。
休診日 木曜・祝日および
火曜、土曜、日曜午後
診療時間
8:30~12:00
15:00~18:30

※日曜日終日および8:30~9:00は内視鏡検査の方が優先となります。
※受付は診療終了の15分前までにお願い致します。

このページのトップへ