高血圧

高血圧とは?

高血圧とは心臓から血管に血液が通る際の圧力のことです。

血圧が高くなりすぎると、常に血液に高い圧力がかかるため、血管は壁を厚くします。その結果、血管が硬く狭くなり、動脈硬化を引き起こします。

高血圧は自覚症状がないため、心筋梗塞や脳梗塞が突然発症してしまうことが多いので、病状が進行する前に早期発見することが大切です。

糖尿病の症状については厚生労働省の編纂しているホームページの解説が分かりやすいので、 以下にリンクをはらせて頂きます。

・高血圧ってどんな病気?

・高血圧だと何が悪いの?

・高血圧の治療はどうする?

・血圧を調べる検査

もし糖尿病の症状に覚えのある方、検査をご希望される方はご相談ください。

アドバイスや処置に加え、もしもの時には専門病院もご紹介致します。

高血圧の予防

高血圧の予防

塩分の多い食事は、血圧を上げてしまいます。日頃から塩分をとりすぎないことが大切です。

また、肥満も高血圧深い関係があります。特に、皮下脂肪よりも内臓に脂肪がつく内臓脂肪型肥満(上半身型肥満・リンゴ型肥満)が、血圧の上昇と関連が深いため、日頃から、運動を心がけることも高血圧の予防となります。

診療時間

時間
午前





午後






診療時間
午前:8:30〜12:00
午後:15:00〜18:30
※日曜日終日および8:30~9:00は
 内視鏡検査の方が優先となります。
※受付は診療終了の15分前までに
 お願い致します。

休診日
木曜、火曜午後・土曜午後・日曜午後