大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査とは、電子内視鏡により腸の内部を拡大観察する検査です。従来より行われてきたバリウム検査との大きな違いは、専門医の目で大腸内部を直接観察できる点にあります。

そのため、従来の検査では発見することが困難であった、数ミリ程度の小さな病変や、また隆起のない病変をも発見できることが特徴です。

内視鏡検査の結果、ポリープが発見された場合、あらかじめ患者様の同意をいただいており、専門医が安全と判断した場合にはその場で切除致qします。ただし、大きさ・形により切除範囲が大きくなる場合には、入院が必要になることがありますので、専門病院を紹介させていただきます。q当院では、軽い鎮静剤を使用し、苦痛の無い検査を行います。検査の時間は10~15分間程度で、ポリープが発見された場合の、切除手術を含めても、所要時間は20~30分程度で済みます。

検査終了後には1時間程休んでいただき、その後に記録した画像を見ながら、検査の説明を致します。

大腸内視鏡検査の流れ

(1)検査前日


朝から水分をできるだけたくさん飲んでください。

食事は夕食まで通常どおりにお食べ下さい。夕食後の食事は控えてください。水分は摂取していただいてかまいません。

消化の悪いものはなるべくお避けください。(特にごま・スイカのたね・キノコ類・海藻類など。)

普段便秘気味の方は、検査2~3日前より便通を整える努力をして下さい。(繊維質・水分を多く摂取する、普段服用している下剤を飲むなど)

常用している薬は、通常通り服用して下さい。

午後9時に錠剤を服用してください。


(2)検査当日


午前6時30分

お渡ししました下剤(ムーベン、モビプレップ等)を飲んで下さい。

2時間以上かけてゆっくり服用して下さい。

飲み方は事前に説明していますが、おわかりにならない方はご連絡下さい。


(3)検 査


鎮静剤の注射をします

検査開始

小さなポリープは、検査中に切除を行うことがあります。(検査前に説明いたします。)


(4)検査後


麻酔が切れるまで、ゆっくり休んんで頂いたあと、検査の説明を致します。

診療時間

時間
午前





午後






診療時間
午前:8:30〜12:00
午後:15:00〜18:30
※日曜日終日および8:30~9:00は
 内視鏡検査の方が優先となります。
※受付は診療終了の15分前までに
 お願い致します。

休診日
木曜、火曜午後・土曜午後・日曜午後